2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07




マクロがCANON 7D・ワイド(「ただの海風景」)はCANON S120。 7Dは最近購入した100mmレンズが付き、 すっかり手にした時の原型をとどめない仕様。 これで、カワユい写真が撮りたいです(≧▽≦)





スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

セルフ・リライアントコース! 
アドバンスド・ナイトロックスに引き続き、セルフ・リライアント受けました!

前回同様、先生は勿論、なみよいくじらの関藤博史先生で、海はみなべの「サンマリン」でした。

このコースはPADIのスペシャリティーコースで、
「一人でダイビングを実施する為のスキルを学ぶコース」
となっており、要は
「水中で一人になっても困らないダイバーになろう」てなところでしょうか?
PADIも、ソロ・ダイブを強くおススメしているのではないようです(笑)

でも、いきなりこの同意書(笑)
17273459_1254251681362116_996162652_o.jpg
「バディ無しのダイビングを選択することに同意します」
これは、3ダイブ目の達成条件である
「インストラクターのアシスタント無しに、ナビゲーションがコントロールされていることを
デモンストレーションしエギジット地点まで戻る」
17236961_1254251858028765_422683472_o.jpg
を実行するための同意です。
今回はお連れ様もあったのですが、この達成条件をデモするときは、二人がてんでばらばらの方に行って帰ってくる訓練となるので、この一行があると思われます。

写真は、それを達成中のYUCCAです。
17237125_1254256941361590_1509372372_o.jpg
コンパスナビ・地形でのナビに加え、確実性を増すためにラインを引きました。
この透明度なら、ラインなんていらないと思うのですが、透明度が悪い時は、こんなヒモ一本でも安心感が増します。

でも、一方で、このラインに他の人が絡まないように…とか、水中生物を傷つけないように…とかいった配慮は必要だと思いました。

これ以外には、
①ボトムガスをもう一本持っていくことにより、エア切れの危険性を少なくする。
②別のタンクをもう一本持っていくことにより、エア供給システムに異常が発生した時にもサブがある状態にしておく。
③フロートを上げて、安全に浮上する練習をしておく。
④いろいろな危険性(例えば水中拘束とか)を考え、準備をする習慣を身につける。
このような訓練が含まれていました。

でも、今後も私は、ガイドさんに珍しい生き物などを案内して貰いたいし、上がってきて、どんな写真が撮れたかみんなでワイワイしたいし、ソロ・ダイブで行こうと思っているわけではありません
でも、カメラの撮影に集中したりして、ついはぐれてしまった時や、何かトラブルが起きたけれど、バディの援助が得られそうにない状況であった時にも安全に帰って来られるようにしたいと思っての受講でした。

今回も1ダイブ目は緊張し、前回出来ていたことも、上手くできなくてしょんぼりでしたが、頼りになるお連れ様と、指導のプロ中のプロの先生のお蔭で、楽しい講習の二日間でした(^^)

しかも二日目は、私たちの認定を祝福するように(?)、みなべは
「天然ヒラメ食べ放題まつり」でした(^^♪
a0104720_17011810.jpg
ψ(`∇´)ψガォガォ~、というか、にゃおにゃおー(=^・^=)

その後は一本、ファンダイビングをして帰りました!

アドバンスド・ナイトロックスとセルフ・リライアント
これらのテクニックを駆使して、更なる安全ダイビングを目指したいです

17236980_1254259051361379_1226511494_o.jpg

スポンサーサイト

THEME | GENRE ブログ |
海日記 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

ダイバーYUCCAステージⅢ誕生!!! 
身内の不幸や闘病が重なりダイビングのネタは超超久し振り!

皆さんの潜り初めとかの記事を眺めてばかりおりましたが…
ついに潜り初め、しかし、今年初ドライ・初めての海(サンマリン@みなべ)
初のお店(なみよいくじら)
、更にトレーニング・ダイブ!!
「初物尽くし」に、びびりのYUCCAは内心、子鹿(笑)の様に怯えていました。
(普段はライオンなのに…(=∀=))

しかし、そこはトレーニングのプロ中のプロ、関藤博史先生
私がYDKならぬHNK(←褒めれりゃ伸びる子…某放送局ではない)で
あることを即座に看破され、褒めて伸ばしてくださいました(^-^)

今回受けたトレーニングは「アドバンスド・ナイトロックス」!
22%-100%の酸素濃度のナイトロックスを、ちゃんと綿密に計算して、
計画を立てて、更なる安全潜水を目指して、持って入れるようになるコース。

これはTDI(Technical Diving International)のコースで、
テックダイビングの入り口でもあります。
私の場合、ずっぽりテックに入っていく予定は無いけれど、
今まで「分かっている積り」で自己流でやってきた酸素の使い方、
「曖昧だったこと」をしっかりとした知識にして、曖昧さを無くし、
更に新しい知識を吸収することができました!!!

また、簡単に潜水計画のできるツールも教えて頂けたり、
酸素濃度の違うガスをより安全に持って行き、快適に使うための
器材コンフィグレーションなども教わりました。
器材コンフィグとは…
まさにダイビング器材の大改造ビフォアアフターやぁ!」ヾ(o´∀`o)ノ

やはり、実際にいつもいくつかのガスを持って入られるのが常の
先生であるからの教育!
普通だったら、トレーニングダイブにカメラなんて持って入れない
でしょうが、カメラを持っている状態がこれからも私の「普段」なら
トレーニングでも持っておく方が良いのではと、カメラも連れて
入らせてくださいました。(撮った写真は…後日ってことで。)

じゃじゃーん、先生が撮って下さった水中での様子です!

酸素をマウントしてます。海況が良ければ、エントリー直後に
貰って、水面で装着するのが楽そうです。海中に入ると
殆ど邪魔にならなかったです。着ける場所に工夫がしてあります。
でもこれでも、「匠」によるとまだ改善の余地があるかもとのこと。
1484224410822.jpg

②最後にフロートを上げて、5mに調節した上で、酸素にスイッチ。
これで安全に窒素を洗い出せます!
1484224377224.jpg

③さぁ、フロートを回収してエグジット!
1484224344859.jpg

ダイバーYUCCAステージⅢ、ここに誕生!
最初怯えていたのが嘘のように楽しい二日間でした!!

しかも、上手に褒めて伸ばして下さったお蔭で、
ステージⅡで滅多打ちに打ちのめされ、無くなりかけていた自信
(自分を信じる力)…が少々戻ってきましたo(^▽^)o

なみよいくじらを選んだのは勿論
「近畿地方におけるダイビング後の高所移動について」
というレポートも拝見していて知ったけど、
今から1.5年ほど前、PADIイのグザミナーの納富さんに
「今後、こういうダイビングスタイルで行きたいが、継続教育はどこで?」
と相談したら、「なみよいくじらさんがいいでしょう!」と
ご紹介下さったことが大きいかったのです。

ステージⅡの最初に出会った方が、ステージⅢを生んだのです!
これこそ「人の繋がり」! 有難いです。

次は、PADI「セルフリライアントコース」を受けます!
これは明らかに水中で「実質一人になる」カメラ派ダイバーでも
「水中で死なない(?)」為(?)の、様々なノウハウを知るコースです。
(いや…違うかも…いや、だいたいそんな感じ?)


THEME | GENRE ブログ |
海日記 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

「予防接種はじめました」 
「予防接種はじめました」
海の…というか、海外に遊びに行く人へのちょっと真面目な話です。

16-08-09-11-43-55-032_deco.jpg

「予防接種はじめました」
いつもは接種する側なんだけど、今回のは「自分が受ける側」を始めました…というお話。
先日行った、日本渡航医学会は本当に勉強になった。
「赴任などの長期で海外に滞在する人だけでなく、frequent traveler(しばしばかの地へ赴く人)は、長期滞在者と同じようにしっかりと予防接種などを受け、感染症に対する備えをするべき。その内容は、渡航先の現在の流行状況・渡航先での行動範囲などを考え合わせて選ぶべし。」
そりゃそーだ、そりゃそーなんだけど、分かっているようで対策して渡航している人は少ない…日本って感染症が結構制圧されている島国だから、結構対策が甘いらしい。

かく言う私も、セブ等、日本にはあまりない感染症のはびこる海外へしばしば行くくせに、ちゃんと対策してこなかったなーというのが実感で、今回受けることにした。

今回私が受けることにしたのが、A・B型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病の5つ。
16-08-08-20-52-24-737_deco.jpg
B型肝炎は医療者なので受けてるけど、抗体が着かない性質らしいので再度。
破傷風は子供の時受けてるし、イギリスで犬に追っかけられて噛みつかれた時(苦笑)にも受けたから、追加免疫。
日本脳炎は子供の時受けたけど、とっくにもう消えてる時期なので再度。

なので、お初なのはA型肝炎と狂犬病。

A型肝炎は、広くアジア・アフリカ・中南米などに行く人は受けといて損はないもの。うちの社員さんにも、海外へ行く機会の多い人には受けてもらってるし、受けてる人は結構いると思う。

けど、「狂犬病?なぜ?」と思われるかもしれない。
日本や先進国のワンちゃんに噛まれてもあまり心配しないのだけど、発展途上国などではまだまだ…。でも、受けてる人は、そんなに多くない。
これは渡航先での行動範囲と強く関係がある。
仕事で行く人なんかは意外と、家・宿→すぐ車→会社→車→家・宿 みたいな感じに過ごすことが多い。そのような、野犬がウロチョロしてる街中を全然歩く機会のない場合は必要ないかもしれない。
けれど、どうだろう。ダイバーを含めた一般旅行者のよく行く海外で、ガリッガリの飼い犬なんだか野良犬なんだか分からない怪しげな犬がウロチョロしている様を見たことがある人は少なくないのではないか?
あーゆーワンちゃんに噛まれたら…救急で病院に行って、すぐに狂犬病のワクチンと免疫グロブリンでの治療を開始しなくてはならない。
何故かというと、狂犬病は「発病したらほぼ100%に至る病だから」である。
従って、噛まれても「発病させないように」しないといけない。
実は、狂犬病のばい菌が神経に到達するまで(潜伏期)は2週間から6年と言われており、だいたいが数か月。すなわち猶予は少しある。なので、その間の初期対応さえ間違わなければ、死ぬことは無い。
要は、初期対応をすればいいのだけど、海外で、言葉の壁もあり、病院のシステムも日本ほど整ってない国で、これらの初期対応をちゃんと受ける自信が皆さんにはありますか?
…というわけなのである。

そんなわけで、そのようなところに行く場合は「日本でちゃんと対策しておいた方がいいのでは?」という結論になる。

どんな国の、どのような環境のところに、どのくらいの期間で行くか、行動範囲はどんなか…それによって必要な対策は変わってくる。
意外と、仕事で行く人より、ダイバーを含めた一般旅行者の方が、いろいろうろうろ動き回るので、リスクは高い可能性があるのだけれど、「短期間だし良いか!」と対策せずに出掛ける気軽さが、かえって危ないのである!!

では、ワクチンとかを受けたい場合、どうしたらいいのか。
まず、早く行動開始する事。
1回受けたらそれでいいワクチンは少ないので、渡航前に計画的に受けるようにしないといけない。9月のフィリピンにあわせようとした私の今回の動きでさえ、少し遅かったかもしれない位だ。

次に、ちゃんとしたトラベルクリニックを探すこと。
どの土地にどれが流行っていて、どのワクチンをどのように射ったらいいか把握している先生を探さなくては、お金の無駄遣いになってしまう可能性がある。(ワクチンって自費診療なので高いのだ(@_@;))
クリニック探しは「日本渡航医学会」のHPでどうぞ!!
http://jstah.umin.jp/
16-08-08-21-19-39-231_deco.jpg

16-08-08-21-17-22-334_deco.jpg

そんなわけで、私、「予防接種はじめました」(笑)。
社員さんとかお客さんとか患者さんに勧める前に、まず自分が体験…これ私の基本姿勢。
ワクチン接種ノートも作りました。忘れちゃうもんね。
16-08-08-21-16-12-864_deco.jpg

次号は、流行の「蚊が媒介する怖い病気の防ぎ方」をお送りする予定(^^♪


THEME | GENRE ブログ |
潜水・渡航医学 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

速報☆キアンコウの卵塊とハッチ!! 
速報☆キアンコウの卵塊とハッチ!!
~シーアゲイン@青海島 2016.04.10~

160410_7490.jpg

パラオの続きがあるのに…(*≧Δ≦)
でもっ、でもっ!
とんでもないもの見ちゃったので、速報(^^♪

それは親ダンゴ撮りに行った青海島の最終ダイブでの出来事。
ガイドしてくれてた久美さんが、なんか興奮してる!
海中に突然現れた「鹿の子絞り」のような帯…(◎-◎;)
160410_7419.jpg

え、何? つぶつぶ………
分からないままシャッターを取り敢えず切った。
160410_7420.jpg

「キアンコウ卵塊!!」
スレートに興奮した文字が躍ってた!
160410_7428.jpg

確かに、確かに!
目が目がいっぱい、キラキラ!
160410_7433.jpg

160410_7486.jpg

卵塊から離れてピロピロッと泳ぎ始める、超赤ちゃんキアンコウも♡!
160410_7468.jpg

160410_7459.jpg

スピリッチュアルな面でも私が避けていた浮遊…((((((゜ロ゜;
しかもレンズは100mm…(^_^;
あーあ、私にもっと技術があれば…
でも、これ凄い!

写真イマイチですが、でも必死に撮ったし、
出会いが嬉しかったからアップしちゃいます(//∇//)!

この子たちが、優雅な天使になるのね!
綺麗に育って青海島を泳いでくれるのを楽しみにしているよ( ´艸`)♡
IMG_2574_cr.png

IMG_2557_cr.png
(註:この2枚は2年程前に同じく青海島で撮った子です。)


THEME | GENRE ブログ |
海日記 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

鯛にしてはちっぽけな…? 
「鯛にしてはちっぽけな」
これは英単語tinyを覚える時に使った語呂合わせ☆

鯛にしてはちっぽけ…だけど超可愛い♡
タイニーダートゴビーちゃんです。
160211_タイニーダートゴビー・3
正面顔、ヤバかわゆす~~~(//∇//)

「エッヘン!」
160211_タイニーダートゴビー・1
第一背びれが、そり過ぎなくらいに自己主張!

斜め45度(?)もイカしてるんだぜ!
160211_タイニーダートゴビー・2



ハゼ仲間ということで、一緒に…
珍しくないし、写真イマイチですが…

季節外れですが、クリスマスカラーがオシャレな
160211_レインフォーズゴビー
レインフォーズゴビーちゃん♡

160213_イトマンとサラサ
イトマンクロユリハゼとサラサが仲良く
V字フォーメーション(^o^)

今回のパラオで最後に撮ったのはこの子。
160213_ヨスジハゼ
水面ギリギリのヨスジハゼちゃん☆
最後の最後まで、ファインダーから目が離せ無いパラオ!

次回はパーリーのひれ全開が撮りたいです!


THEME | GENRE ブログ |
海日記 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST







| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。